私たちのライフラインを支えている配管工の仕事内容について解説

配管工は配管工事やそれにかかわる設備の取り付け工事を担当する人たちのことです。対象になるのは水道管やガス管などで、私たちの生活に欠かせない重要なインフラです。配管工は具体的にどのような仕事をしていて、どんな職場で活躍しているかについて詳しく紹介します。

配管工の仕事内容

配管工とは配管に関係する仕事をしていることは大まかに知っている方も多いでしょう。しかし具体的にどのような仕事をしているのか、いまひとつイメージできない人もいるかもしれません。そこでここでは具体的な仕事内容について紹介します。

配管工事の担当者

建物や住宅を見ると、いろいろな配管が張り巡らされています。給水管や排水管、ガス管、空調のための管などです。これらの配管を製造したり、設備を取り付けたりするのが主な仕事です。設備とはたとえば空気清浄装置や冷暖房などです。ちなみに使用する管はその素材などからいろいろな種類があり、どれを取り付けるべきか専門知識が必要です。配管の取り付けだけでなく、メンテナンスや必要に応じて修理まで担当する場合もあります。

必要な資格は?

配管工になるにあたって、資格や学歴などで特別な条件は別に求められません。しかし配管技能士試験や管工事施工管理技士などの関連資格があります。必須ではないですがこのような資格を持っていると、専門知識やスキルを持っていることが客観的に証明できます。その結果、採用されやすくなるでしょう。好感や塩ビ管などを中心に使用しますが、材料の特性や必要な設備分野など専門的な技能が求められる仕事です。

配管工の職場

配管工として活躍するにはどのような職場に就職すればいいのでしょうか?実はけっこういろいろなジャンルの企業で働いている人がいます。

建設・設備型会社で活躍している

配管工の職場を見てみると、建設会社や設備会社などが主です。しかしそのほかにもビルメンテナンスを担当している会社やリフォーム業者などで活躍しているケースもあります。配管工の需要は高止まりした状況が続いています。既存の建築物のメンテナンスや修理などもありますし、新築物件の配管を担当する案件なども見られます。

独立している人も

施工会社などに就職して働いている人が多いです。しかしキャリアを積んでくると、独立して自分で仕事をしている人も出てきます。メンテナンス関係の会社を興す、もしくは家族が工事関係の会社をやっていて後を継ぐという人も見受けられます。仕事そのものの間口は広いので確かな技術を持っていれば、独立しても安定した仕事を受注できる可能性は高いです。

まとめ

配管は私たちの生活で欠かせないものです。水道管やガス管が利用できなくなれば、日常生活は途端に支障をきたしてしまいます。配管工の仕事は常に多く舞い込んでくるので、求人は常時出ている状況です。また経験を積めば、独立して働くことも可能です。学歴や資格などの条件もないので、やろうと思えばキャリアスタートしやすい職種です。